Q&A

お申し込みに関して

学校選びで大事なことは?

フィリピン・セブ島には日本資本・韓国資本を中心に約130校程度の語学学校が存在します。値段ももちろんのことですが、各学校、特色の異なるカリキュラムを展開しています。 英語を習得する目的・目標によって、学習する温度感も変わってくるため、まずは、自分の学習の温度感が学校と合っているかを検討してみてください。 それ以外にも、門限がある学校や規則を違反すると退学になってしまうようなスパルタな学校もあります。 学校選びには様々な観点から検討する必要があるため、詳しくは、お問い合わせください。

何か月前からお申込みするのが良いか?

お申し込みは、入学日より2~3か月前が目安となります。ほとんどの学校が入学日の1か月前までに日本で支払う費用を全額お振込みすることになっております。

未成年でもお申し込み可能か?

未成年の方でも保護者様の同意が必要ですが、お申し込みは可能です。学校によっては受け入れをしてくれない学校もあります。詳しくはお問い合わせください。 20歳未満の方は、フィリピンへの単身でのご入国ができません。ご両親が同行して入国する必要がございます。 ご両親以外の方が同行する場合は、WEGという特別VISAの申請が必要になります。

手続きの流れはどのようになっていますか?

お問合わせ→ご相談と学校選び→空室確認とご入学手続き→留学費用支払い→航空券手配→海外旅行保険加入→持ち物等留学前準備→ご出発 一般的にはこのような流れとなります。

キャンセルは可能か?

お申し込み後でもキャンセルは可能です。学校ごとにキャンセル規定が定められていますので、お申し込み時に十分に確認していただいてからのお申し込みになります。

最短で何日からお申し込みができるか?

最短で7日間(1週間)からのお申し込みが可能です。基本的には日曜日入寮の土曜日退寮です。数日から受け入れ可能な学校もありますので、お問い合わせください。

留学前の準備について

必ず準備したほうが良い持ち物について。

下記記事にまとめております。
リンク必須

海外旅行保険に加盟する必要はありますか?

加盟する必要があります。ほとんどの語学学校が、海外旅行保険を義務付けています。クレジットカード付帯の海外旅行保険でまかなわれる方も多いです。

航空券は何か月前に取得するべきか?

留学する日程が決まり次第なるべく早く取得するべきです。航空券に関しては、ご自身でご手配いただくか、弊社にご相談いただければ、提携の旅行代理店を通じて手配することができます。

両替のタイミングは?

学校に到着してからで良い。ほとんどの語学学校は、到着翌日の月曜日にオリエンテーションを実施します。 その中で、現地の両替所に連れて行ってもらえますので、翌日(月曜日)までに特別お金を使う事情が無ければ事前に両替をしておく必要はございません。

国際キャッシュパスポートってなに?

海外のATMから現地通貨を引き出すことができるキャッシュカードのことです。現金を扱うのが心配な方にはお勧めです。詳しくはお問合わせください。

英語学習について

英語初心者でもフィリピン留学は大丈夫か?

英語力ゼロの初心者の方でもフィリピン・セブ留学は対応している語学学校がほとんどです。中には、中級以上の方がメインの学校もありますので、詳しくはご相談下さい。

どのくらい留学期間が良いか?

目的にもよりますが、英語力が伸びたと実感するには基本的には最低12週間をオススメしております。 短期間のブラッシュアップや半年以上の長期での滞在に関しては、語学学校によって、向き不向きがありますので、慎重な学校選びが必要です。

ネイティブスピーカーのレッスンを受講できるか?

ネイティブ講師がいる語学学校もあります。基本的にはグループ授業となりますが、受講することが可能です。

マンツーマン授業はどんな内容か?

英語レベルや目的に合わせての個別指導になります。内容に関しては、語学学校によって異なります。 講師と1対1になりますので、質問事項はすぐに解決することができ、4技能を総合的に学習していきます。

スピーキング学習に特化している学校はあるか?

スピーキング重視の学校もありますが、総合的に学習しなければ話すことができるようにはなりません。 マンツーマン授業をすべてスピーキングという科目に変えることができる学校もあります。 お問合わせ時にご相談下さい。

フィリピン・セブ島での生活について

フィリピンの治安は大丈夫か?

日本に比べれば安全とは言えませんが、日本人留学生が凶悪犯罪に巻き込まれたという事例はございません。 日本で報道されるフィリピン関連のニュースを見ていると怖いと思うことがあるかもしれませんが、基本的には自分で防げるものばかりです。 また、弊社は現地にも現地生活の長いスタッフが駐在しておりますので、困ったことがあれば、オフィスに直接相談に行くことができます。

フィリピンの交通事情って?

基本的には配車アプリGrabを利用して安全に移動が可能です。タクシーも日本ほど高額ではなく、初乗り約100円程度で利用することができます。 ジプニーやトライシクルなど現地市民用の移動手段もありますが、スリなどの犯罪に遭わないために禁止している学校もあります。

フィリピンの衛生面はどうか?

飲料水やローカル屋台などでの食事にはご注意下さい。店舗型の飲食店や語学学校内は、清潔に保たれております。

空港に到着してから学校へのどのように行くか?

空港に学校スタッフがピックアップ(お出迎え)してくれます。一緒に学校に向かうので安心です。ほとんどの学校は無料サービスですが、 中にはピックアップが有料で、断ることもできますが、最初はピックアップがおすすめです。

フィリピンのインターネット環境はどうか?

最近では、インターネット環境が整ってきました。学校内に必ず1か所はインターネットに接続することができる場所があります。 ただ、日本に比べると安定せず速度遅いので、過度な期待はできません。 お仕事等でインターネットが必ず必要な方は、学校選びを慎重に行う必要があります。

フィリピンでSIMフリー携帯は必要か?

あると便利です。SIMは安価に購入することができ、プリペイド携帯のように、チャージしてインターネットや現地回線での電話をすることができます。

お金は現金で持っていったほうが良いか?

現地の両替所で両替するほうが、為替レートがいいことがほとんどなので、現金で持ち込んだほうが良いです。 長期の留学をお考えの方は、高額になりますので、国際キャッシュパスポートをオススメ致します。

クレジットカードは使えるか?

大型スーパーマーケット、店舗型飲食店では、ほとんどの場合がクレジットカードの利用が可能です。 利用できない場所も多くありますので、現金は一部持っていたほうが良いです。

日本の電化製品は使えますか?

電圧が異なるため使えません。フィリピンの電圧は220Vなので、使うには変圧器が必要になります。 変圧器も安定して使えるわけではないので、ドライヤーなどは、海外電圧対応のものを事前に購入するか、現地でも購入可能です。

食事はどうすればよいか?

基本的には語学学校で提供されます。学校によっては夜ごはんが有料オプションとか、 土日の食事が提供されないところもあります。事前によく調べて、現地での予算を組む必要があります。

インターンシップ制度について

ゼロ円留学ってなに?

ゼロ円留学とは、日本語対応のコールセンターで働く代わりに語学学習費用を免除している特殊な留学もあります。 厳密にはゼロ円というわけではないので、詳しくは、お問合わせください。

語学学校のインターンシップ制度ってなに?

ゼロ円留学と同様に、語学学校のインターン生として学校業務を経験しながら、英語の勉強もできる仕組みのことです。詳しくは、お問合わせください。


© 2020 留学サポートステーション