留学・英語学習

大学生のうちにフィリピン留学をしておいたほうがいい理由

大学生のうちにフィリピン留学をするとメリットが多い理由を説明しています。大学生や高校生の留学が増えてきました。留学は就職活動だけでなく、国際社会で生きていく力をつけることができます。その理由やメリットを中心に解説しています。
まみ
悩んでいる人
英語を勉強するのは時間もかかるし、キャンパスライフを楽しんだほうがいいんじゃないかな?
そんなあなたに向けた記事を書きました。大学生活を無駄にするとその後の人生の差はどんどん開いていきます。少し厳しい言い方ですが、自己投資に時間を使わなかった大学生の成長は見込めません。さて、早速始めましょう。
まみ

理由①大学生は時間がとりやすい。

時間が取れる

社会人はお金はあるが時間が取りにくい。学生は時間はあるがお金がないことが多い。

「いや、大学生だって時間がないですよ。バイトに勉強に、サークルに・・・」
悩んでいる人

そう思う人もいるかもしれません。まずは自分が過ごしている時間の中で、将来の自分にとって役に立つスキルをつける努力に時間を使っているかということを考えてみてください。

バイトを一生懸命にすることも大切ですが、一生バイトをするわけではないし、バイトで得た知識を活かして次に進む人って少数です。どうせ時間を投資するなら、将来使えるスキルを身に着けることに時間を割くべきです。

これは留学だけではありません。ただ、留学をすれば、最低でも英語力は身につきます。

フィリピン・セブ島留学は、大学生でも頑張ってバイトをすれば貯金できるくらいの値段です。

そして、お値段以上の経験知識を得ることができます。学生には、夏休みや冬休みなどの長期の休みがあります。

この時間を有効に活用して、将来の自分に役に立つ努力を積んでおくことができるのです。

理由②大学生のうちに英語力が身につく。

英語力

まず一番は英語力が身につくこと。

これは、早ければ早いほど良いです。単純に人生が豊かになります。海外の映画や音楽の言葉が分かるだけでも、全然充実感が違います。また、どの業界に就職したとしても、英語で配信されている文献やニュースを参考にするということは絶対にあります。

詳しく知りたい方は、英語学習が人生を豊かにすることをまとめた記事が、別にありますのでこちらをご参照下さい。

人生を変える
英語を勉強することが就職に有利になるだけじゃない理由

続きを見る

当然、社会人1年目から英語を理解している人としていない人とでは、5年後の情報や知識量に大きな差が生まれてきます。

また、英語が話せるだけで重宝されるシーンもまだまだ、日本の社会には多いです。

外国人がたくさん日本で働いている時代です。英語でのコミュニケーションがますます国内でも増えることを想定して、早いうちにある程度英語が話せる自分になっておく必要があります。

理由③大学生のうちに留学をしておくと就職活動に有利。

ステップアップ

どこか海外に留学に行ったことがあるというだけで、就職活動に有利になるわけではない時代になりました。

しかしながら、留学に行ったことが無い人と、行ったことがある人が面接に来た場合、行ったことがある人の方が当然有利です。
言い方を変えれば、留学に行ったことが無い人は、かなり不利です。

英語力はもちろんのこと、留学期間中に経験したこと学んだことを面接で話ができるのもメリットです。
他に差をつけるために、テスト対策をしてTOEICやIELTSなどを受けるのも有効です。

いきなり、欧米圏に英語力ゼロで挑むのは無謀すぎるし無駄になってしまう可能性が高い

フィリピン・セブ島留学なら、英語力に全く自信がない人が、欧米圏に挑戦する前に留学するケースも多いので、初心者向けのカリキュラムが豊富です。2か国留学や海外インターンなどを経験することで圧倒的に就職活動に有利になります。

決心した人
英語初心者はフィリピン留学から始めればいいのか!!

理由④大学生にしてグローバルな視点を持てる。

グローバルな視点

日本にも、東南アジアや欧米圏からの外国人がたくさん居住するようになりました。

多国籍化が進む中、彼らの文化に対する理解を深める必要が出てきました。

我々日本人にとっての当たり前とされている固定観念は、彼らにとって違和感があることかもしれない。
その逆もしかりです。広い視野を持ち、理解し合い、協力してプロジェクトを進めなければならないことも今後増えてくるでしょう。

そんな中、日本の文化や価値観を押し付けるだけでなく異文化を理解できる心を持つことが大切です。

大学生のうちに海外に出ることで、異文化を理解できるようになり、今後の外国人との関わり方に大きく差がでてきます。

理由⑤大学生のうちに世界中に友達ができる。

正解中に仲間

正直、これが留学することにおいての一番のメリットです。

フィリピン・セブ島に留学に来ている生徒は、同世代の韓国・台湾・ベトナム・中国・ロシア・中東の人が多いです。

留学後はみんな国に帰ってしまいますが、SNSなどを通して連絡を取り合うことができます。

友達になることで、同世代の生まれた国の違う人たちの考え方目指していることをいつでも知ることができるのはとても有意義です。

また、社会人になってから友達の国に旅行して会うこともできます。日本だけにとらわれることなく、自分自身の考え方に幅を持たすことができます。

ポイント

世界中に友達を作ることができ、いつでも情報交換ができるようになる。

まとめ

学生中に留学

いかがでしたでしょうか?

学生のうちに留学をすることで、メリットがたくさんあることが分かりましたでしょうか?
今後の人生を豊かにするためにも、まずは、学生のうちに、自分の力で海外を目指してみてはいかがでしょうか?
まみ

ココがポイント

単に英語力を身に着けるだけでなく、国際人としての第一歩を踏み出すことができるのです。フィリピン・セブ島留学は、親に頼らなくてもバイトを頑張って、少し倹約生活をすれば手の届く価格帯です。

決心した人
よし!留学費用を貯金して、国際人としての第一歩を踏み出すぞ!

簡単・無料

メールアドレスお名前を入力するだけの超簡単・資料請求です。

資料請求はこちら

-留学・英語学習

© 2020 留学サポートステーション