観光・旅行

親子でデイユースも楽しめるセブ島パシフィックセブリゾート

悩んでいる人
フィリピン・セブ島といえばリゾート地で有名ですよね。ただ、リゾートに宿泊するのはとても高額。
宿泊せずに、利用できる1日リゾート施設を利用できるところはないのかな?
親子でリーズナブルにゆっくりできるリゾートを探しています。
そんな、悩みを解決します。
今回ご紹介するのは、フィリピン・セブ島のデイユースで利用できるパシフィックセブリゾート(PACIFIC CEBU RESORT)。
宿泊してもかなり格安でコスパが良いのでご紹介しますね。
さっそく、始めていきましょう。
まみ

パシフィックセブリゾートの場所

パシフィックセブリゾート(PACIFIC CEBU RESORT)は、マクタン島のマリゴンドンというエリアに立地しています。

有名なお高いリゾートでいうと、プランテーションベイPlantation Bay Resort and Spa)というものがあります。

こちらの方が有名ですので、セブ島からタクシーで移動される際は、このリゾートの近くまでと伝えるのが良いでしょう。

Grabでは、「PACIFIC CEBU RESORT」と検索すれば、行くことができます。

セブシティーからは、渋滞していなければ、30~40分程で行くことができます。

パシフィックセブリゾートの施設


パシフィックセブリゾート・ロビー

こちらがエントランスロビーになります。

白を基調とした清潔感のあるデザインですね。お値段の割に、高級感がありますよね。
スタッフもとても親切で、日本語が話せるスタッフもいるので安心できますね。

パシフィックセブリゾート・桟橋

パシフィックセブリゾートは、長い桟橋があることで有名です。

フィリピンでは結婚式の前にプリナップという、熱々の写真撮影をするのが習慣なのですが、
そんな、プリナップの舞台になるほどいい写真を撮影することができます。

インスタ映え、狙えそうですね。
パシフィックセブリゾート・桟橋

写真が微妙なのは、あいにくの天気のせいにしておいてください。笑


パシフィックセブリゾートのプールは、全部で4つ(デイユースの方は3つ)あります。


パシフィックセブリゾート・メインプールバー

こちらが、メインのプールですね。デイユースの方も利用可能です。
バーが併設されていて、プールにつかりつつ、お酒やシェイクを楽しむことができます。

おしゃれですよね。

パシフィックセブリゾート・セーバーセキュリティー

プールには、セキュリティーガード兼ライフセーバーが駐在しているので、親子の方でも安心して、子供と遊ぶことができますね。

パシフィックセブリゾート・子供用プール

こちらは、子供用のプールになります。膝下くらいの深さで、子供だけでも安心して遊ばせることができます。

ロックダウン中にリゾートを利用したため、写真は閉鎖中の様子になります。
稼働していれば、もう少しきれいかとは思います。

パシフィックセブリゾート・子供用遊具

子供用プールの周辺には、子供が遊べる遊具が設置してあります。
こちらもロックダウンにより閉鎖さえていましたが、写真だけ撮影してきました。

セブには、公共の公園がないので、こういう遊具はありがたいですよね。

パシフィックセブリゾート・ダイビング練習用プール

こちらはダイビング練習用プールになります。

ダイビングショップを併設するパシフィックセブリゾートでは、手軽にダイビングのライセンスを取得することができる。

パシフィックセブリゾート・ダイビング練習用プール(夜撮影)

ダイビングの練習用に使われているだけで、一般のお客さんも利用することが可能です。

ロックダウン中で施設は閉鎖されていましたが、ダイビング用の深いプール以外は普通のプールです。

パシフィックセブリゾート・インフィニティ―プール

こちらは、宿泊者限定のインフィニティ―プールになります。

デイユースの方は、利用することができません。

パシフィックセブリゾート・インフィニティ―プール

宿泊者限定ということで、あまり利用者が少ないのはメリットです。

ただ、お子様連れだと、プールに浮き輪などを入れることが禁止のため、手放しで遊ばせておくということは難しそうです。

とはいえ、海を眺めながらプールにつかり、プールサイドはレストランになっているので、飲み物や料理をオーダーしてゆっくり過ごすことができます。

大人には最高です!

残りの写真はギャラリーでご紹介しますね。
リゾートの雰囲気伝わりますかね?

夜はライトアップされて、ロマンチックな雰囲気が増します!
デートにオススメです。

パシフィックセブリゾートの料理

パシフィックセブリゾート・レストラン

こちらはレストランになります。

リゾートのど真ん中に位置していて、宿泊者の方はルームチャージにてオーダーすることが可能です。

料理は、多国籍料理といった感じです。

パシフィックセブリゾート・朝食

こちらは、宿泊者は無料で提供される朝食です。

パシフィックセブリゾート・朝食

ロックダウン中なので、ビュッフェ形式ではなくお皿に盛り付けされています。

フィリピンの朝食といった感じでしょうか?

今回オーダーした夕食の料理をご紹介しますね。

パシフィックセブリゾート・夕食・グリルチキン
グリルチキン

カリカリにグリルしてあるチキンです。
ライスがついてくるのは予想外でした。1オーダーで完結できるディナーですね。

パシフィックセブリゾート・夕食・シャンハイライス
シャンハイライス

いわゆる、チャーハンですね。日本人にも親しみのある味でした。
結構がっつり目なので、3名くらいでシェアするのがいいです。

パシフィックセブリゾート・夕食・チャプスイ
チャプスイ

これは、八宝菜みたいなフィリピン料理ですね。
中華っぽい味付けで、美味しいので、いつもオーダーします。

パシフィックセブリゾート・夕食・カラマリス
カラマリス

イカリングですね。
マヨネーズは、フィリピン式の甘いやつでした。

メニューがこちらです。
ちょくちょくメニューは、更新しているとのこと。

お飲み物はややリゾート価格で、ローカルよりは高いですが仕方ありません。

料理は、まぁ、これくらいがベーシックかと思います。

リゾートで夕食となると2人で4,000ペソくらいは覚悟しますが、パシフィックセブリゾートなら2人で食べても1,000ペソ以下におさめることができます。

リゾートにしては、支出をおさえることができていいですね。

パシフィックセブリゾートの費用

パシフィックセブリゾート・全体

デイユース

デイユースの金額は1,300ペソです。

650ペソはリゾート内で飲食などに使えるので、実質エントランス費用は、650ペソになります。

平日は、アラカルトオーダー650ペソ分、休日は、ビュッフェかアラカルト650ペソ分から選ぶことができます。

利用可能なモノ

  • プール3つ(インフィニティ―プールを除く)
  • シャワー&トイレ
  • レストラン&バー
  • お部屋以外のリゾート内施設
  • タオル貸し出し有り(デポジット500ペソ)

シャワールームがあるので、着替え等に困ることもありません。
また、貴重品などの荷物はロビーで預かってくれます。

宿泊

今回宿泊したのは、パシフィックセブリゾートのお部屋タイプの中で一番お安いお部屋タイプ「Superior Room」です。

割引時で約8,000円、通常約14,000円で宿泊が可能です。

セキュリティーボックスや冷蔵庫もあり、大満足でした。

バスタブがあるのもいいですね。
ちゃんとお湯が出ました!感動です。

まとめ

パシフィックセブリゾート・プール

いかがでしたでしょうか?

宿泊しなくても、朝から夕方まで1日リゾートを使えるデイユースプランがあるのが魅力的ですね。

1泊するのはちょっとという方でも、リゾートを満喫することができます。

まみ
決心した人
そうか!デイユースを使えばいいのか。これなら気軽に土曜日だけリゾート満喫なんてこともできそうです!

マクタン島・リゾートの中ではリーズナブルなリゾートです。
デイユースもありますので、気軽に日帰りで楽しむことができます。

親子で利用しても、安全な環境なので、是非試してみて下さい。

ロックダウン中は、一部の施設が利用できないので、その点は注意が必要です。

是非、週末に利用してみて下さい。

-観光・旅行

© 2020 留学サポートステーション