基本情報

フィリピンの電圧や利用可能なプラグ・コンセントタイプについて

フィリピンの電圧やコンセントタイプについてまとめました。フィリピンに行く方は持っていくべき電化製品と対応電圧に関して説明しています。コンセントタイプは同じでも電圧が違うので知らないと大変危険です。旅行や留学の準備にお役立てください。
まみ

フィリピンの電圧について

フィリピンの電圧は220ボルトです。日本の電圧は100ボルトなので日本の電化製品を直接コンセントにつないでしまうと大変危険です。ただiPhoneの充電器やパソコンの充電器が大丈夫であったりとややこしいです。そこらへんを詳しく解説していきますね。

フィリピンの電圧は日本と違って220V!!

フィリピンと日本のプラグ・コンセントタイプの違い

日本のコンセントタイプはAタイプで統一されています。フィリピンのコンセントタイプに、Aタイプが刺さってしまうので注意が必要です。フィリピンは電圧が異なるため、プラグの形状が合うからといって使えるというわけではありません。

日本のコンセントタイプ

Aタイプ 1種類しかないので便利ですね。

  • Aタイプ(日本・フィリピン)

フィリピンのB3タイプのコンセントはAタイプのコンセントが刺さるようにできていることが多いです。フィリピンは、3種類のコンセントタイプがあるのでプラグの変換器を購入すると非常に便利です。

フィリピンのコンセントタイプ

Aタイプ・B3タイプ・Cタイプ 3種類あります。

フィリピンの電圧でもそのまま使えるもの

ノートパソコンのアダプタ

最近のノートパソコンの充電器iPhoneの充電器は海外電圧に対応しています。心配な方は充電アダプタに小さい文字で記載されている対応電圧部分を確認してみて下さい。100V~240Vと記載があれば問題なくフィリピン電圧でもそのまま使えます。USBプラグで接続するようなタイプは基本的に使えます。コンセントに刺す前に対応電圧を必ず確認するようにしてください。

フィリピンに持っていくべき電化製品

結論、特に有りません。

ドライヤーは、こだわりがあって、これしか嫌!という方は持参の必要がありますが、中級以上のホテルには必ずドライヤーが備え付けてあるし、語学学校の場合はレンタルできることが多いです。また、現地で購入しても、300ペソ~1,000ペソ(約1,500円)くらいです。

長期滞在の方は炊飯器を持参したほうがいいと思われるかもしれませんが、現地で購入できるお米をどれだけハイクオリティーの炊飯器で炊こうが限界があります。日本のような美味しいお米を諦めたほうが早そうです。

もし持参を検討するなら

  • ドライヤー 要確認
  • ヘアアイロン 要確認
  • iPhoneの充電器 対応
  • ノートパソコンの充電器 対応
  • ゲーム機器の充電器 対応
  • 電子辞書 要確認
  • 電動歯ブラシ 要確認
  • 電気シェーバー 要確認

対応電圧を必ず確認するようにしてください。フィリピンの電圧は220V

フィリピンに変圧器は持っていく必要があるか?

テーブルタップ(タコ足)

変圧器は必要有りません。

変圧器は、現地でも調達することができます。特に、永住されるなどの長期でない限りは必要がないです。本当に必要なのは、変換プラグテーブルタップ(タコ足配線)です。特に、ノートパソコンや携帯など、ガジェットを複数同時に充電する方にとっては必須アイテムです。

必ず用意するようにしましょう。

まとめ

フィリピンの電圧

いかがでしたでしょうか?

ココがポイント

  • 日本の電圧は100ボルト、フィリピンの電圧は220ボルト。
  • フィリピンのコンセント・プラグタイプはA型、B3型、C型。
  • 日本のコンセント・プラグタイプは、A型のみ。
  • 変圧器は必要ない。
  • ドライヤーとヘアーアイロンは、現地で買うか海外電圧対応のものを買う。
  • iPhoneやノートパソコンはそのままコンセントに刺せる!
  • 変換プラグは買っておくこと。

フィリピンの電圧の問題よりも、スマホの充電をしたいのに、プラグ・コンセントタイプが合わないから充電できないってことの方が確率高いので、変換プラグを購入してみてください。

是非、参考にしてもらえたら幸いです。

-基本情報

© 2020 留学サポートステーション